コーディング代行を利用する際の流れ

コーディング代行を利用する際の流れ

コーディング代行を利用する際の流れ コーディング代行を利用することで、自社のWEBサイトの作成がスムーズに進んでいきます。また時間的にも、人員的にも、そして費用の面でも多くのメリットを受けることになるわけですが、ではそのコーディング代行サービスの流れはどのようなものなのでしょう。

まずは見積もりから始まります。これは自社の必要事項をネット経由で送信するだけの簡単なやりとりだけです。ネットを利用するため、受付自体は24時間対応可能ですので、自分の都合に合わせられるので便利です。この見積額と納品期日を確認後、次にWEBサイトのデザインデータなどの入稿となります。また、この時にそのWEBサイト作成についての質問など、詳細なやりとりを行うこともあります。

ここまで準備が整ったら、コーディング作業が始まります。コーディングは重要な作業ですので、ここに至るまでの過程で互いに充分な確認を行い、双方納得の上でコーディング代行をお願いすることが望ましいでしょう。そしてコーディングが完了すれば、テストURLなどで実際のWEBサイトの出来を確認することになります。もし、修正があればこの時点でお願いしましょう。納品はデータのダウンロードにて行い、その後請求書の発行、支払いという流れとなります。

最新のお知らせ

  • [2019年01月25日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年01月25日]
    運営者情報を追加しました。